サーキット走行へ至る歴史

子供のころ

 ラジコン少年でした。初めて(たぶん)買ってもらったのが、ランボルギーニカウンタックのラジコン。 ボディはダイキャストだったなぁ。
 小学校5年生くらい。おこずかいを貯めて電動ラジコン買いました。自分で組み立てるやつ。 京商のなんだったかな・・・バギーでした。ヨコモのドッグファイターとか欲しかったなぁ。 ラジコンマガジンを愛読してました。  その頃からスピードに憧れが芽生えていたのか、エンジンカーも買いました。これまた京商のやつ。
 ファミコンのレースゲームにもだいぶはまったなぁ。namcoのポールポジションとか。

学生時代

 ラジコンは小学校で卒業。部活が忙しかったのと、ファミコン以降のゲームにハマったのが大きかったような気がします。
 大学生になって自動車部に入部。峠を走って練習し、ジムカーナとダートラに参加してました。
 とにかくお金なくて、タイヤも満足に買えず、成績はたいしたことなかったです。
 ここ時代がサーキット走行への一歩を踏み出す下地になったと思います。

光岡ゼロワン

 就職してから、平成9年に光岡ゼロワンを新車で購入。思い切ってローンを組んで親に怒られたなぁ。
 スーパーセヴン的なデザインが好きだったので選択。根が面倒くさがりなんで国産車の安心感を買いました。ケータハムなどよりは安心だが、一般的な国産車より不安という絶妙なラインだった気がします。  平成10年、ゼロワンでオートポリスサーキットを走り始めました。これが私のサーキットデビューです。
 その後、セキアヒルズサーキットがオープンしてからは、そちらにも行ってました。ドリフトコントロールはセキアヒルズで覚えたなぁ。
 いろいろあったけど、最終的にはオートポリスのベストタイムは2分11秒台でした。車検対応の制約が面倒に思えるようになってしまい、手放す事にしました。
 データ解析に興味があったので、データロガーとか買ってサーキット走行を楽しんでました。

ゼロワンの頃のHP

耐久レース

 2006年4月、サーキット仲間の友人に誘われて、EMZ軽カー耐久に初参戦。以来、ずっと参加しています。
 同じ車両に同じ日に違うドライバーが乗る、という機会に恵まれ、自分の技術に向かい合うきっかけになりました。

ライトフォーミュラ ←いまここ

 2008年4月、納車まで1年以上かかりましたが、フォーミュラカーを買いました。
 納車時はF6AのNAエンジンでした。オートポリスのタイムは2分35秒くらい。 メインストレートは150km/hでなかったですが、ダイレクトな感覚は楽しかったです。
 翌年秋、エンジンを載せ替えて面白いクルマになりました。

走ったことのあるサーキット

オートポリス -INTERNATIONAL RACING COURSE-
 ホームコースです。最初は光岡ゼロワンで走行してました。いまはライトフォーミュラで走ってます。
 高低差が大きいサーキット。パワーと旋回性能両方が要求されるコースです。

Honda Safty&Riding PLAZA Kyusyu
 高低差の少ない、フラットなサーキットです。
 路面は普通の道路と同様。ハイグリップ路面ではありません。そのぶん、マシンコントロールの練習には最適かも。
 光岡ゼロワンで走ってました。フォーミュラでは走れないのですが、軽自動車の耐久レースで走ってます。

大村湾サーキット
 むか~しむかし、レンタルカートで走ったことがあります。

富士スピードウェイ ショートコース
 ライトフォーミュラのスクールで走行しました。あと、納車の時の試走でも走りました。